2015年5月22日金曜日

外は暑いですが、室内は快適です。

  昨日とうってかわって今日の屋外は暑いですね。
  でも、超断熱のモデルハウス内は適温で快適そのもの。締め切ったままですが、外気温が26.2度を指しているにも拘らず2階室内は23.5度、一階では22.4度です。
  静かでお昼寝にはモッテコイ!?
エアコンの稼働する日はいつになるやら楽しみです。
  

2015年5月20日水曜日

水道名義が変わってませんけど・・・

 お恥ずかしい話ですが・・・

 今春3月にお引き渡しをした、建売住宅を購入してくださったお客様から午前中、営業担当者へ電話がありました。

 水道の検針に来た方から、「水道の名義が須坂土建からお客さんに変わってないですよ。」と伝えられたというのです。
 お客様も、「そう言われてみると請求がきていないなー。」と、確認の電話でした。



 早速、社内で確認してみると、お引き渡しの際に名義変更の手続を依頼した者はいましたが、変更完了を確認したものは居ませんでした。 即ち、社内伝達が上手く行かずに弊社名義の水道のままだった=お引き渡しは完了していなかった!ということです。 (>_<)

 上下水道の請求が2ヶ月ごとということもあり漸く気づいた訳ですが、いやはや間抜けな話です。

 お客様には、お詫びと変更の手続をお願いして、今回からのお支払いをして頂くことになりました。

  二度とこのような事を起こさないよう社内的には、お引き渡しのチェックリストに「名義変更完了の確認」項目を追加しました。

  とぼけた会社でスミマセン。 <(_ _)>
お客様と検針の方に恵まれていて幸いです・・・。

とんぼ玉

こんにちは(^_-)

先日、須坂アートパークで年に1回開催されている 『森の中のクラフトフェア』 へ行ってきました。

子供たちは毎年行っているのですが、私は今回が初めて。

沢山のクラフトのお店が出展していて、珍しさも相まって楽しそぉっ!

子供らがチャレンジしたのは、夢屋ガラス工房さんの『


お店の売り物はこんな感じ、とってもキレイです。

まずは、ガラスの基材選びから

色とりどりのガラス棒から選んで。
車の中にある工房でクラフト開始!



店員さんに教えてもらいながら、集中してガラス棒を火であぶりながら丸くしていきます。

しかし、子供達のこんなに真剣な表情を見たのは初めて。

勉強にもこれくらい打込んでくれれば、うれしいのだけど・・・。

さて、最後にブレスレットとストラップにアレンジして完成です。


こんなに上手にできました\(^o^)/

子供たちも大満足で、次の日には友達に自慢しておりました。

夢中っ子

先日、朝日放送での番組に子供たちが放送されました。
地元のクラブチームなどを紹介する番組で5分間ではありますが、ばっちり映ってました。
下列の左から2番目と右から4番目がうちの子ですが、はずかしいのかわりませんが、控えめのポーズ。他の子は元気なのに・・・。
兄の打撃練習
弟の打撃練習

まだ野球を始めて半年。
少しづつではありますが、キャッチボールや打撃など進歩しています。
まだ3年と1年なのでこれからも頑張ってもらいたいです。



2015年5月13日水曜日

今度こそ全国へ

先日私が所属しているチームが北信越大会に行く事が決定しました。
チーム名は変わったのですが去年同様、県代表になりました。
40歳以上のおじさんたちが集まった大会。
北信予選を勝ち抜き、今回の県大会。
1回戦は東信代表。
序盤2点リードするも結局3-2で競り勝ち
次は決勝。
優勝候補の中信に勝った南信が相手。
苦戦するもなんとか2-0で退け優勝しました。
私は仕事で参加できなかったのですが、勝ってよかったです。
北信越は福井で開催されるのですが、おかげさまで仕事の方も忙しくさせていただき、
子供の野球で行けるかわかりませんが、去年のリベンジで今度こそ全国行きを決めたいです。


2015年5月8日金曜日

長野県民所得12%減なのに、光熱費は47%増

 

 連休中のニュースに、標記の記事が載っていました。
「窮地の長野県が採用したエネルギー戦略とは?」

http://hbol.jp/37015

 今年度4月1日から、長野県では新しい建物を建築する際に自然エネルギー導入と省エネ性能を検討することが義務づけられました。当然、住宅もです。

 所得減を止めるお手伝いは出来ませんが、光熱費を下げるお手伝いはスカイホームの得意分野です。

 4年前からゼロエネルギー住宅(ZEH)を建設して、光熱費もゼロまたはプラスにして来た実績を元に、更なる低価格でのご提供を始めています。

 光熱費を下げるには、断熱の強化と太陽光発電などの創エネが両輪となります。
光熱費を単に下げるには暖房する範囲を小さくする(例えばLDKだけとか、居間の炬燵だけの暖房にする)方法も考えられますが、それでは我慢だけで対応することになって温度差によるヒートショックで倒れたりする不健康な住まいです。

 そんな我慢をしなくても、全館暖房でどこへいっても約20℃の快適で健康な住まいが、超低燃費で手に入る時代となりました。創エネとのバランス次第で光熱費は0円も夢では無いのです。
(家族4人の36坪程度の住宅なら、太陽光発電4.5kw程度で0円も可能です。(現在の電気売買価格にて))

 断熱工事や太陽光発電設備に投じる費用は、ローンの間の光熱費累積と同等以下ですから、
我慢をして不健康に光熱費を支払い続けるよりも初期投資をして我慢のない快適・健康生活を選んだ方がスマートですネ。