2015年10月31日土曜日

親身になって・・・ ボイラー編


少し前になりますが、お客様の家の17年程お使いの灯油ボイラーが動かなくなったと連絡を頂きました。

 そのお客様は、連絡を下さる前に近くの設備業者さんに直接連絡されて、その業者さんから二人が様子を見に来たと仰いました。

 そして、その二人は余り機械をチェックするでもなく、17年も使ったんだから上出来だ、交換するしかないとその費用を30万円だと伝えて帰って行ったそうです。
 けれども、ボイラーの主電源のコンセントを入れ直すと動くこともあるそうなので、日を改めて伺うことにしました。

 すると、仰る通りボイラー本体は動く気配があり、もしかするとリモコンが動作していないのではないか?とも考えられたので、リモコンを交換してみることを提案して了承してもらいました。

 さて、さすがに17年前のモデルのリモコンはメーカーにはありません。
でも、中古市場がちゃんとあって、ネットでたまたま?在庫がありました。

こちらは、キッチン用で3,000円でしたが、
この交換だけでは動作しませんでした。
こっちは、浴室内用で、5,000円。
これも交換すると…

しっかり動作します。

17年経ったリモコンは、液晶が薄れて読み取りもまま成りませんでしたが、
中古品とはいえ、未使用に近いため液晶画面はクッキリ!

 という経過で、現在もそのボイラーは快調に動いています。
中古リモコンの交換よりも、新品ボイラーごと交換した方が業者には売上的に良いかもしれませんが、使えるものはその寿命を全うさせてあげたいですヨネ。
 お客様は、約30分の1の費用で済みましたし…。

 「親身になってくれて、ありがとう。」と喜ばれて、こちらはお役に立てたのが嬉しかったです!

親身になって・・・ 車編

 
づっと晴天が続いているので、たまには洗車してやっかナと、夜、給油ついでに数ヶ月ぶりに愛車?を洗車しました。

 すると、機嫌が悪くなったのか右後部のスライドドアが開きません!?
中からも外からも応答無し。完全なロック常態。

チャイルドロックでも触っちゃったかナー?なんて暢気な感じで翌日、ディーラーへ連絡すると、
「持ってきて下さい。」ってんで気軽に訪れると、「見積もりが必要です」って。

 簡単に開けるだけって思っていたので「えっ?何の?古くたってドアの開かない車なんて聞いたことないよ。」と言ったけれども、「複雑な機構になっていて、部品交換が必要なので。」というのです。
そして、その見積もりが何と75,000円!だって言うんです。

 もう、ビックリしちゃって(75,000円って…この愛車、9年経ってるから車両価格より高いんじゃネ?とか変な事まで考えちゃって)口を開けてると、「お高いと思うので、中古部品も当たってみましたが50,000円はかかります。」って言われて我に返り、「もう、結構です。」と直さずに店を出ました…。

 でも、納得は行かないしドアは開けたいので、車検を取ってくれてる自動車屋さん「メカニック太陽」の石坂さんに電話で事情を説明すると、「そんなに掛かる訳ないよ。」と親身になってくれて、持って行く事に。

 代車を借りて、翌日には電話をくれた石坂さんは、「ドアの中のワイヤーがグチャグチャになってたけど、その交換だけですんだヨ。」って、1万円で直してくれました!
 イヤー、有り難い! 75,000円を10,000円で直してもらった!と、お礼のお菓子を持って大喜びで車を取りに伺いました。

 この経験は、翻って「自分はお客様が困っている時、親身になっているのだろうか?」と自分の場合を考えさせられる良い機会になりました。
 

2015年10月30日金曜日

A様邸の建方

 朝晩はすっかり冷え込んで来ましたが、日中は好天に恵まれて建方の作業にはとても良い日となりました。新しい造成地での4棟めの建方となり少しずつ景色が変わってきました。

2015年10月26日月曜日

福島町で建方

 23日に福島町で建方が行われました。母屋の横に別棟で建てる為敷地に制約があり、道路を通行止めにして、クレーンを設置して行いました。
 おりしも、福島町では大幟の建立が24日に行われ同じ道路を旗竿となる丸太が運ばれたそうです。この大幟は国内でも最大級で見られるのは、11月2日までだそうです。

2015年10月22日木曜日

オール樹脂サッシの薦め

こんにちは(^_-)-☆

先日、日ごろお世話になっているYKKapさんのメーカー担当者さんから

こんなサンプルを見せてもらいました。
こちらは弊社でも採用しているオール樹脂サッシの枠の部分です。

左側が実際に20年前設置された窓のカットサンプル。右側が新品です。

なにを比較しているかわかりますか?



答え・・・・実は劣化を確認しているんです。

樹脂=プラスチックは、紫外線に弱いと言われていましたが、20年前のしかも「黒い」サッシでもほとんど変化は見られません。

アルミサッシなどの金属の方が耐候性は確かに高いと思いますが、断熱性能では1000分の1しか熱を伝えない樹脂の圧勝です。

長野県の寒い地域であれば、住宅に採用すべきなのはオール樹脂サッシなのは明白です。

ちなみに自邸は、アルミと樹脂の複合サッシですが結露もしますし、冷気もバンバン来ます。今更、取り換えたくも簡単にはできません(。-_-。)。

みなさんも目先のデザインや価格の安さだけに捕らわれず、何十年先までも住み続ける場面を思い描いて賢明な判断をしてください。




TA様邸 社内検査

こんにちは(^_-)

長野市 TA様邸の社内検査へ行ってきました。

こちらのお宅をリフォームさせてもらいました。

アフターがこちら
内観は



まったく昔の面影はなく、本当に同じ家なのか不思議なくらい。

バルコニーからの眺望は圧巻!キモチいいですねー
外から見ると

道路からかなりの高台に建っているんです。

担当の山岸も苦労したことでしょう。あともう一息で完成です。

最後まで細部の確認をおねがいしますね。



TO様邸 社内検査

こんにちは(^_-)

須坂市TO様邸の社内検査を行いました。

超断熱仕様のこちらのお宅は、カベ厚が30センチ!

建物はほぼ完成だったのですが、本日は駐車スペースのコンクリートを打設している真っ最中。

しかしながら、いったん家の中に入るとミキサー車の音なんて聞こえません。

断熱もさることながら『断音』のすばらしさも体験できました(^^♪





今シーズンの寒さはまったく感じることはないでしょうね。

TO様お引き渡しまで今しばらくお待ちを・・・。

2015年10月17日土曜日

こんにちは(^_-)

先日、須坂市高橋町で建設中のY様邸の上棟式をおこないました。

台風が接近していることもあり、影響も心配されたのですが全く問題なく

かえってちょうど良い気候で作業もはかどったようです。

祭事には親族の方々も大勢お見えになり、終始にぎやかな上棟式となりました。


来年上旬の完成予定ですが、トリプルガラスの窓と長期優良住宅仕様であったかいですよ!

上棟 誠におめでとうございました。



2015年10月9日金曜日

昔の家の匠の技

 築100年以上の古い住宅を解体しています。天井を壊すと屋根を支えていた丸太梁が見えました。曲がった丸太を複雑に組み合わせて強固な屋根を作っています。昔は製材も木挽き鋸を使って人の手で行っていたため、丸太をそのまま使用した方が効率は良かったのでしょう。それにしてもクレーンなど無い時代に人力で太い丸太をくみ上げたのには関心させられます。
 先人たちが作った立派な建物を壊して新しい家を造るからには、今できる技術でそれに負けないものを造らなかればならないと感じました。

2015年10月7日水曜日

Y様邸の建方

 今週に入りようやく好天が続く様になり、今日も青空が広がり絶好の建方日和となりました。
作業をするのにも丁度良い時期で、順調に屋根まで終わり、夕方には上棟式も出来るでしょう。